10月
14
2013
0

テープ起こしならテープリライトへ

テープ起こしは、会議、インタビュー、裁判、講演、講座などで録音された音声を文字に書き起こすという作業です。
このテープ起こしは、在宅作業の中でも特に人気が高くなっています。

しかし、実際にやってみると意外と難しく、単に入力が速いからと言ってスムーズに作業が進むことはありません。
また、方言が混じっていたり、バックに雑音があったりすると、聞き取ることも難しくなります。さらに、内容に応じて、専門用語を聞き取り正しい感じで表記しなければなりません。
何よりも正確さが重要となりますので、わからないことを積極的に調べようという意欲のある方などが向いています。
そして、テープ起こしのライターに優秀なスタッフを雇っている会社があります。
それは、テープリライト株式会社です。

こちらは創業45年の会社で、歴史と実績を誇っています。これまで蓄積してきたノウハウを使って、会議録、マスコミ、医学、法律分野などの専門分野まで、さまざまなテープ起こしに対応しています。

テープリライトでは、サイトから見積もり依頼を受け付けていますし、メールでも24時間相談をすることが可能です。

テープ起こしを依頼したいと考えているのであれば、こちらをチェックしてみてください。

Written by admin in: ビジネス全般 |
10月
07
2013
0

これから必要とされる資格

臨床工学技士は、厚生労働大臣の免許を受け、医師の指示の下で生命維持装置の操作や点検を行うことが主な業務になります。

つまり、臨床工学技士は国家資格で医師の指示に従いながら、生命維持管理装置の操作や保守点検を通じて、クライアントの診療に貢献する医療機器の専門家です。

今や医療技術や医療機器の進歩は目覚ましいものがあります。
だからといって、医師が先進医療機器を使いこなせるかというと、それは無理というもので、現代の医療においては、どうしても専門性の細分化が必要になるわけです。

そういう意味で、医学と工学に精通した専門職として、大学で臨床工学技士を養成することの重要性がますます高まっています。

東京工科大学では、これまでに培ってきたバイオ・工学・コンピュータ教育実績をもとに、講師陣も、歴史ある医療機関や研究機関から招いた充実の教員陣を揃えているそうです。

さらに、最新医療機器を完備した実習室や、首都圏の大きな病院で行う臨床実習など、突出した教育力でこれからの医療機器を任せられるスペシャリティーを育成しています。

呼吸療法業務、人工心肺業務、さらに血液透析、血液濾過、血液濾過透析、血漿交換などを行う血液浄化業務などがあります。

他にも、人工心肺装置、除細動器、ポリグラフ、脳神経誘発電位装置などの手術室業務や心臓カテーテル検査室業務などがあります。
東京工科大学 臨床工学科

■コチラ→東京工科大学 臨床工学科

Written by admin in: メディカル |